Technology / 技術

2012年に九州大学において世界で初めて熱活性遅延蛍光現象(TADF:Thermally Activated Delayed Fluorescence)を用いた有機EL素子の作製に成功

弊社はTADF材料の分子設計、合成、デバイス評価を通じて有機ELパネル開発に貢献して参ります。

2012年に九州大学安達千波矢教授の研究グループにおいて発明された熱活性化遅延蛍光(TADF:Thermally Activated Delayed Fluorescence)は第3世代の発光材料であり100%の内部量子効率を達成しました。これは第1世代の発光材料である蛍光材料と同等の低コストと、第2世代のリン光材料と同等の発光効率を同時に達成する画期的な発光材料です。

また、同じく九州大学で発明されたHyperfluorescenceはTADFと第1世代の発光材料である蛍光材料を組み合わせることで、高効率発光、低コストに加え高純度な発光色を実現しました。

弊社はTADFとHyperfluorescenceによる次世代の有機ELディスプレイ、及び有機EL照明の実現に取り組んでいます。

これからの有機EL材料の主流はTADFへ!!


代表的なTADF材料
4CzIPN
ΔEst:0.01eV

TADFのメカニズム

一重項と三重項励起エネルギー差(ΔEst)の極めて小さな分子設計によって三重項励起子を一重項励起状態にアップコンバージョンさせて高効率なEL発光を実現

Hyperfluorescenceのメカニズム

有機ELデバイスの発光層の大部分を占めるホスト材料にTADFと蛍光材料を分散させ、励起エネルギーの生成をTADFが行い、そのエネルギーを蛍光材料に遷移させ、発光させることで、これまでの蛍光材料に比べ4倍の発光効率を実現。高効率、低コスト、高純度発光色の全てを実願する究極の発光メカニズム。